カレンデュラとセントジョーンズワートの浸出油

ハーバルセラピストコースでは今回も実習を行いました。
今回の実習はカレンデュラとセントジョーンズワートの浸出油(インフューズドオイルというものです)作り。

浸出油?インフューズドオイル?いったい何に使うの??と疑問がある方もいらっしゃるかと思います。ハーブの浸出油(インフューズドオイル)とはハーブを植物性のオイルに2週間ほど漬け込みハーブの有効成分を溶かしだしたものです。そのままお顔のマッサージオイルとして使ったりもできますし、みつろうと一緒に湯煎してバーム(軟膏)にすることも出来ます。

今回のハーブ、カレンデュラは皮膚・粘膜の修復作用と保護作用、セントジョーンズワートは消炎・鎮痛作用があると言われています。・・・何かとっても効果がある浸出油が出来そう!そしてオイルはマカデミアナッツオイルを使います。

ハーブが各2gずつなので結構量があります。
ハーブとオイル、両方ビンに入れて完成です。

セントジョーンズワートにカレンデュラの黄色が映えてかわいいですね。

出来上がりは2週間後です。
その後は軟膏にしてこの冬のお役立ちグッズとしてバッグにしのばせてもいいかも ♪

ヨーロッパで昔から使われてきたハーブ生かす知恵。私たちもその恩恵を受けてこの冬も元気に生活したいものです。

 

11月のOneDayLessonアップしました♪

今日は薄曇りの雨がぱらつくお天気ですね。
11月は冬に向かう季節。そして、冬は家で過ごす時間が楽しくなる季節 ♪
おうち時間を楽しくするのはやっぱりクラフト作り。
と、いうことで11月のOne Day Lessonをアップしました!

今回は「アロマ香るオーガニックハンドクリーム作り」と「ハーブティーで作る自然の恵みたっぷりな化粧水」の2企画です。

毎日使うハンドクリームや化粧水を手作りできたらいいな・・・と思いませんか?自分で作れば安心な素材でお安く作ることが出来ます。
ぜひ一緒に作ってみましょう!

詳細やお申込みはOne Day Lessonページより。
お申込みお待ちしております ♪

「緑の薬箱」用にエキナセアでチンキを作りました。

「緑の薬箱」ってご存知ですか?ハーブやエッセンジャルオイルなどで構成された家庭の救急箱です。「緑の薬箱」という名前もかわいいし、ハーブの薬箱が家にあったらいいなあ・・・と思います。

「ハーバルセラピストコース」では今回、緑の薬箱用にエキナセアでチンキを作る実習を行いました。チンキはハーブをウォッカなどに漬け込んで有効成分を抽出するもので、脂溶性成分と水溶性成分の両方が取り出せるというなんとも素晴らしいものです!ヨーロッパでは昔から家庭で作られていたそうですよ。

ところでエキナセアは北米の先住民が伝染病や毒蛇に咬まれたとき(!!)に使っていた伝統あるハーブらしいです。その有効成分・・・なんだかすごそうですね。

材料はこちら。ハーブとウォッカだけです。

そして材料をビンにいれたところ、エキナセアのお花が華やかでかわいいですね。

右が2週間漬け込んで完成したもの、左が漬けたばかりのものです。

出来上がったチンキは傷口の消毒用に使ったり、精製水で薄めて消毒スプレーにすることもできます。また、ウォッカで作ってあるので感染症の予防用に水に薄めて飲むこともOK。

チンキ作りにはいろんなハーブの組み合わせがあるので、いろいろな目的のチンキが作れそうです。

憧れの緑の薬箱。中身を徐々に増やしていきたいです。
ハーバルセラピストコース、今回も楽しい実習でした ♪

 

風邪予防のエアフレッシュナー♪

空気が乾燥し、風邪が流行る季節になりましたね。周りでも咳をしている人がちらほら・・・。

インストラクター目指し目下勉強に励んでいる「アロマテラピーインストラクター資格対応コース」では、お楽しみの実習が行われました!

今回作るものはエアフレッシュナー(ルームスプレー)です。抗菌効果があると言われているティーツリーとユーカリラディアータ、レモン、ペパーミントをセレクト。優しい香りのスプレーです。

無水エタノールに精油を入れてまぜまぜ・・・。

 

 

 

 

 

 

さらに精製水を入れると出来上がりです。風邪の季節には家の中でこまめにスプレーをシュッシュしてこの秋冬を健やかに過ごしたいです。

皆様も乾燥の季節、お身体に気をつけてお過ごしくださいね。

心もあたたまるカモミールティー

今日はまさに台風一過!というお天気でしたね。時折強風が吹くなか、今日もハーバルセラピストコースの授業が行われました。

今日の試飲ハーブはジャーマンカモミール。ピーターラビットの童話にも出てきた心も身体もリラックスさせるハーブティーです。
カモミールといえば精油も有名ですよね。せっかくなのでカモミールジャーマンとカモミールローマンのエッセンシャルオイルの香りの嗅ぎ比べもしました。

カモミールの香りは「リンゴ畑の香り」とも言われ、心をほっとさせるやさしい香りです。お教室にも心を穏やかにさせるあたたかい香りが漂いました。

台風でバタバタしてしまった気持ちもやさしく落ち着けたひとときでした・・・。

 

 

アドバイザー講習会行いました。

こんにちは。雨が続く今日この頃ですね。
10月も後半に入り、11月のアロマテラピー検定がいよいよあと半月ほどにせまってきました。

先日、当校ではアロマテラピー検定コースの生徒さん達に「アロマテラピーアドバイザー講習会」を行いました。アロマテラピーアドバイザーとしての心得や関連法規を学ぶ講習会です。こちらの講習会を検定前に終えておくと検定合格後にアドバイザー講習会を受ける必要がなくアロマテラピーアドバイザーになることが出来るのです。

この講習会は一日で完結しなければならないという規定があり、3時間という長丁場!生徒さん達も3時間頑張りました。

生徒さん達が検定に合格して素敵なアロマテラピーアドバイザーになられるのが楽しみです!検定を受ける皆様、最後の半月、お勉強頑張ってくださいね。

魔女気分でハンガリアンウォーターの軟膏作り

こんにちは。
やっと完成をみたハンガリアンウォーター。(10/11のブログで完成をお伝えいたしました ♪)こちらを使って今日は軟膏作りをしてみたいと思います。

まずはチンキの中に入っていたローズマリーを取り除き液体のみにして、ワセリンを入れたものを湯煎にかけます。

写真で手にもっているのものは結構なオレンジ色・・・そうです。ドライのローズマリーをウォッカに漬け込んだものです。

湯煎にかけるのはアルコール分をとばしながらワセリンにローズマリーの成分を溶かし込むため。

ぐつぐつぐつぐつ・・・・アルコールをとばすまで結構時間がかかります。部屋中がアルコールの揮発で微妙な香りに・・・。まるで魔女のような気分。

そして1時間後、アルコールが揮発した分、結構量は減ってしまいましたが完全にワセリンも溶け切ったのでアルミ容器に入れていきます。ここまでくると完成が見えてきてワクワク。

容器に入れた完成写真がこちらです。左から順に「フレッシュローズマリーと無水エタノールのチンキ+ワセリン」「ドライローズマリーと無水エタノールのチンキ+ワセリン」「フレッシュローズマリーと無水エタノールのチンキ+ワセリン+ミツロウ+ホホバオイル※」「ドライローズマリーとウォッカのチンキ+ワセリン」となります。

※ワセリンよりもべたつきの少ないタイプを作ってみました。きれいなオリーブグリーン色になりました ♪

これを見てみると一番右のウォッカで作ったタイプは色がとても薄いですよね。実はアルコール度が低いため完全に混ざることが出来ず、二層に分離してしまったのです。(下の方にローズマリーのエキスが沈殿しています。)

ローズマリー軟膏も作り方によってだいぶ違いが出ることがわかりました。

そして完成したローズマリー軟膏を手に塗ってみましたが、ローズマリーの爽やかなハーバルな香りが感じられ、手もしっとり・・・。アンチエイジング効果があるとも言われているローズマリー軟膏。作るのにちょっと時間はかかりますが、お時間がある時には皆様もぜひトライしてみてくださいね ♪

マルセイユ石けん作っています。

皆様、おうちではどんな石けんを使っていますか?ボディソープを使っている方も多いと思います。乾燥する季節が近づいてきましたので身体を洗ったあとかさかさしてしまうものもありますよね。

ということで・・・オリーブオイルを使ったお肌にやさしいマルセイユ石けんを作ってみました。(オリーブオイル以外にココナッツオイルとパームオイルを入れています。)

今日は固まった石けんを型から抜き出して切ってみました。

簡単に切ることが出来ます。お餅みたい!

 

 

切ったところ。右と左で色が違うのはオリーブオイルの量が左の方が多少多くなってしまったからではないかと思います。

 

 

そして網やバットのような下に風が通るものに置いて風通しのよい場所で4週間以上乾燥&熟成させます。

完成は約1か月後・・・。すぐには完成しないところ、ワクワクしながら待つ時間があるところが手作り石けんの良さかもしれません。完成が待ち遠しいです!

 

 

これは何でしょう・・・素敵なエピソードをもつチンキでした♪

「これは何でしょう?」でとあるハーブの実験中とお伝えした前回のブログから約2週間後の写真はこれ。(前回とは並び順が逆になっています。申し訳ありません。)。一番左のフレッシュハーブ+エタノールは濃いどろっとした緑色に変化しています。そして真ん中のドライハーブ+エタノールは緑色の液とハーブに分離。一番右のドライハーブ+ウォッカは少々わかりにくいかもしれませんが液が真ん中のものより赤みを帯びていてちょっとオレンジ色っぽく変化しています。

ではここら辺で種明かしを・・・とあるハーブは「ローズマリー」、そして作っているものは「ハンガリアンウォーター」でした!

ハンガリアンウォーターはこんなエピソードで有名です。
健康を害していた70代のハンガリー王妃エリザベートが献上された「ローズマリーの水」を使ったところ、みるみる元気になったばかりか若返り、隣国ポーランドの王子(20代!)に求婚されたとか。

商品に箔付けしたい人々による作り話だという説もありますが、なんともロマンチックなお話ですよね。

若返り⇒アンチエイジング効果が期待できる?!・・・ということで興味深々なローズマリーのチンキ。こちらを使って次回は軟膏を作ってみようかと思います。

次回お楽しみに ♪

 

ハロウィン気分満点なソープ

こんにちは。10月に入り街の中ではハロウィンムードが高まってきましたね。おうちの中をハロウィングッズで飾ったり、ハロウィンパーティーなど企画されている方もいらっしゃるかと思います。

当スクールではそんなハロウィン気分が盛り上がるかわいいソープ作りのOne Day Lessonを行います ♪ 石けん素地を手でこねて、かぼちゃの色はミカンの皮のパウダーで色付けして、魔女の帽子はココアで色付け。飾りつけもアラザンやスパイスなのでまるでクッキーを作る気分で気軽に作れます!

今年のハロウィンはかわいいソープをぜひ仲間入りさせてくださいね ♪

お申込みはOne Day Lesson ページもしくはお電話で承っております。お申込みお待ちしております!